英語を本気でマスターしたいなら、ワンズワードオンライン。

How to master English

ワンズワードオンラインがお勧めする、英語上達するための6つの秘訣。

POINT1 優秀な先生≧適正価格

「優秀な先生との出会い」こそが言語習得の一番の近道です。 語学学校やほかのオンライン英会話スクールでは満足できなかった英語学習者の皆様にも、自信を持って勧められる先生しかワンズワードオンラインには所属しておりません。

日本とは比較にならないほど高い英語力を持つフィリピンの人々ですが、そのなかで「英語を教える」ことができるほどの英語力を備えている人は、じつはそれほど多くはありません。しかし、弊社が採用している先生はTESOL(国際的に認知された英語教授法)の有資格者など、英語教育のプロフェッショナルばかりです。

また南米在住のネイティブ・スピーカーの先生が多数在籍しています。みなさん面白いバックグラウンドを持った先生ばかりです。(元俳優、プロサッカー選手など)そして当然英語教育のプロばかりですのでご安心ください。

いくら優秀な先生と出会えても、月に何万も払ってまで続けられる人は稀です。ワンズワードオンラインでは月額6800円で、1回50分のマンツーマンレッスンを最高5回まで受講可能です。

POINT2 ボーナス!?

言語習得で一番重要なことは、いかに学習を継続していくかです。

そのためには「いつか英語を話せるようになりたい」などの漠然とした目標ではなく、より具体的な目標を持つことが重要です。毎月、誰でも実現可能な目標を持って学習していただくために、ワンズワードオンラインではボーナスレッスンを実施しております。

毎月4回レッスンを一括予約していただき、そのスケジュール通りに振替なしで受講していただくと、翌月使用可能なボーナスレッスンチケットを進呈します。ボーナスレッスンは目標達成をしたことに対する、ワンズワードオンラインからのささやかな贈り物です。

POINT3 ポートフォリオ(学習履歴と学習計画機能)の導入

毎月の目標実現を促進するためにボーナスレッスンチケットを設けましたが、ポートフォリオは「今週の目標」を達成していただくために作られたシステムです。

自分のペースにあった学習計画を先生に相談しながら立ててください。
そして小さな目標を達成する喜びを毎週味わってくだい。学習は楽しくなければ、継続できません。
ご自身で立てた目標をクリアしていけば、英語を学習することがどんどん楽しくなってくるはずです。

語学学習では、奇跡は起きません。
そのような小さな積み重ねが、やがては大きな実を結びます。

POINT4 今の英語力をきっちり把握し、評価!

弊社ではCEFR(ヨーロッパ共通言語参照枠)という国際的に信頼されているアセスメント(評価基準)を導入しているので、ご自身の英語がどのレベルか一目瞭然に分かります。TOEICやTOEFULなど、英語のコミュケーション能力を計る方法は数多くありますが、多くの英語学習者にとって自分の英語力を知りたいだけのために受験するにはハードルが高過ぎます。CEFRを用いれば、あなたが英語で何が出来て、何ができないかすぐに判断することが可能です。

担当している先生に相談しながら、ご自身の英語力を評価してみてください。
英語力が足りないと思う分野については、試しに集中的に勉強してみてはいかがでしょうか?

常に自分の英語力を自覚しながら学習していくことが重要です。
CEFR(セファール)での自己診断テストはこちら

POINT5 マンツーマンでじっくり50分

マンツーマンでも25分という時間はレッスン時間としては短か過ぎます。(挨拶をしているだけで、終わってしまうなんてことも)それではレッスンではなく「会話」に終始してしまう懸念から、弊社では50分を1コマとして設定しております。

英語を話すことに不慣れな方には50分という時間は、始めのうちは長く感じられるかもしれません。そのためにご自身でもレッスンにどのようなことを話したいか、使いたい単語や構文などを準備することお薦めします。もちろん、先生方もきっちりと事前に準備をしますが、こうした相互の努力が質の高いレッスンを作り出していきます。

(ついでに)社会貢献!

「Education for Two!」を合い言葉に、ワンズワードオンラインでは経済的に恵まれないフィリピンの学生をサポートしております。ユーザーの方々から一定額※を毎月寄付していただき、その寄付金に加えて弊社の売上金の一部を加え、毎月フィリピンのNGO団体REAL LIFEに寄付を行っています。

※寄付は強制ではなく、する、しないという選択ができます。寄付をするを選択すれば、200円、500円、700円という3つの選択から選べ、それ以外の金額も任意に入力することも可能です

皆様が安価で良質な英会話レッスンを受講できる機会を作ると同時に、ワンズワードオンラインは、フィリピンに住む経済的に恵まれない学生が勉強することができるチャンスを創出します。弊社が皆様の間に介在することによって、二つの国で教育の芽がすくすくと育っていきます。 現在の寄付活動の実績はこちらで確認できます。(ID:Onesword パスワード:life) )

業界最安値!?グループレッスン

弊社では、ほぼ毎日無料(会員様限定)でグループレッスンを開講しております。日本人学習者にとっての最大の問題は、「自分の英語を試す実践の場」が不足していることです。「英語学習」という共通の目的を持った仲間たちとぜひ切磋琢磨して、英語のスキルを磨いてください。

グループレッスンという場所で、良きライバルを見つけ、ツイッターやFACEBOOKで彼らと英語学習情報などを交換して、ワンズワードを媒介とする「英語学習者のコミュニティ」を一緒に作っていきましょう。毎月最大5回のマンツーマンレッスン、それにグループレッスンすべてに参加すれば、そのコストパフォーマンスは業界でナンバーワンです!

それでもグループはちょっと恥ずかしい・・・そんな方にもグループレッスンのメリット詳細はこちら。

ONE'S WORD NEWS

[2014年 11月 20日]
2015年1月11日に会員様向けパーティーを行います。同じ英語学習という共通の目標を持った方々と楽しい時間をお過ごしいただければ幸いです。詳細はフォーラムのオフ会のトピックをご覧ください。では、よろしくお願いいたします。
[2014年 10月 26日]
TOEIC975点、英検1級の日本人学習コンシェルジュ「ナミ」さんがワンズワードで勤務をスタートします。日頃の英語学習に不安や、効果的な学習方法、さらにはNYおよびパリに留学、海外就職経験がございますので、留学相談や海外就職の相談にも応じます。この機会にぜひご受講ください!
[2014年 10月 20日]
イギリス人のChris先生を正式採用しましたので、ぜひご受講ください。とても経験豊富な先生ですので、ご満足いただけるかと思っております。
[2014年 09月 21日]
ベネズエラ出身、メキシコ在住のマリア先生、それにスペイン出身でイギリス在住のカルメン先生を雇用しました。ふたりとも流暢な英語を話しますので、スペイン語初心者にも最適な先生です。ぜひご受講ください。
[2014年 08月 10日]
新しくメキシコ人のサラ先生を雇用しました。現在、カリブ海の楽園トゥルムに在住です。スペイン語のみのレッスンが基本ですが、英語も多少は話せますので、お試しください。
[2014年 07月 29日]
スペイン語のレッスンをスタートしました。現在は、メキシコ人の両親を持つエリック先生のみですが、順次メキシコ人の先生を雇用していきます。現在、メキシコには日本企業が1000社近く進出しており、そのためにスペイン語の需要が高まっています。ぜひ弊社でメキシカンスパニッシュを習得してください!
[2014年 07月 11日]
特定非営利活動法人「テラ・ルネッサンス」と業務提携をいたしましたので、お知らせいたします。詳しい内容はプレスリリース「オンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」が特定非営利活動法人「テラ・ルネッサンス」と提携をご覧ください。
[2014年 05月 22日]
フィリピンの語学学校「CNE1」と業務提携しましたのでお知らせします。「オンライン英会話&フィリピン留学が次世代英語学習の主流に! オンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」がフィリピンの英語学校「CNE1」と提携」のプレスリリースを出しました。
[2014年 04月 18日]
モニターレッスン中でしたアメリカ人女性のCassidy先生を正式採用しました。非常に経験豊富なやる気のある先生ですので、ぜひこの機会にご受講ください。よろしくお願いいたします。
[2014年 02月 18日]
モニターレッスン中だったIris先生ですが、このたび正式採用をしましたので、お知らせいたします。モニターレッスンでもその創意工夫されたレッスンは非常に評価が高かった先生です。この機会にぜひご受講ください。では、よろしくお願いいたします。

Quote of The Day [今日の名言]

The end result of wisdom is... good deeds.

The Talmud

バックナンバー

知恵の最終結果は善行である。

ユダヤの律法集『タルマッド』より

Practical ENGLISH [使える英語]

My business failed so now I'm back to square one. I just have to keep trying.

バックナンバー

私はビジネスに失敗したので、一から出直すことにした。挑戦し続けるだけさ。(Back To Square One:振り出しに戻る、出直す、最初に戻る)